新型インフルエンザ 2009 症状

[37], エジプト政府は2009年4月29日、人民議会の勧告を飲む形で、同国内で飼育されている豚の処分に着手した[38]。イスラム教では豚は不浄の動物とされる一方で飼い主たちはキリスト教系のコプト派信者だったが[38]、あるイスラム原理主義系議員は「宗教上の理由で豚の飼育に反対しているわけではない」と読売新聞に語っている[39]。なお、エジプトでは豚が処分された結果、今まで豚が生ゴミの処分を行っていたため生ゴミが処分されずに町中に溢れかえりゴミ問題が深刻化している[40]。, 厚生労働省は、重症化や死亡した例などを除いて新型インフルエンザかどうかを調べるPCR(遺伝子)検査を当分の間行わなくてよいとしたため、現在の国内の正確な感染者数は不明であるが、国立感染症研究所は2009年第28週(同年7月12日)以降これまでの累積の推計患者数は約1546万人に達したと推計している。, また、ここには国立感染症研究所が発表した2009年12月7日-12月13日(2009年第50週)の間に都道府県ごとに簡易検査でインフルエンザA型と診断された人数(全国約5000カ所の定点医療機関からの報告数のみ)と、同定点医療機関の1医療機関あたりの人数、それに2009年12月21日までの新型インフルエンザによる死者数が掲載されている。, 2009年10月24日、アメリカのオバマ大統領が新型インフルエンザを深刻な自然災害などに準ずる国家非常事態に指定する宣言に署名した。アメリカでは新型インフルによる死者が23日に1000人を突破し、ワクチンの調達確保など対策強化が必要な状況になっている[37]。, 専門家によると、日本の対策には問題がいくつかある。(主として、「カンブリア宮殿」「クローズアップ現代」などによる。), 2009年11月6日、世界保健機関(WHO)は新型インフルエンザによる日本の入院率・死亡率が主要国で最も低いことを明らかにした。北半球と南半球のそれぞれ5カ国、計10カ国を調査したところ、人口10万人当たりの入院患者数は日本が最も低い2.9人。アメリカは3人、ブラジルは8.8人、オーストラリアは22.5人。最も高いのはアルゼンチンの24.5人だった。人口100万人当たりの死亡者でも日本が最も低い0.2人。イギリスは2.2人、アメリカは3.3人、ブラジルは7.0人、オーストラリアは8.6人。最も高いのはアルゼンチンで14.6人だった。日本の新型インフルエンザ死亡率が低いことについて専門家は、日本では医療保険制度が整備されており、少ない家計負担で医療機関を受診できるため、発熱者の医療機関受診率が高いことが要因であると分析している。[113], 2009年の確認当初は、豚インフルエンザに最も近いとする分析[118]や、メキシコにおいて豚からヒトに伝わった可能性が高いとする見方[119]もあって、WHO[120]や米国CDC[119]を初めとする公的機関の発表、英語[121]や日本語[122]などによる報道では、呼称として「豚インフルエンザ」が用いられた。, ところがこの呼称が、ウイルスが豚肉を介して感染するとの誤解を招き、豚製品の敬遠など、養豚関連産業への影響が出始めたこともあり、呼称から「豚」を外す動きが起きた[119]。また、宗教上の理由で、「豚」という言葉を忌避する向きもあり、イスラエルの保健副大臣は2009年4月28日、ユダヤ教では豚を食べることが禁じられている事を受け、「メキシコ・インフルエンザ」という呼称を用いると発表した[123]。, WHOは2009年4月30日、"swine" (豚)を冠する英語呼称"swine Influenza A/H1N1(豚インフルエンザA/HINI) "を、ウイルス型による呼称"influenza A(H1N1)"に切り替えた[120][注 2]。農業や食品業界への風評被害に配慮したものと言われる[128]。同様にフランス語呼称は"Grippe A(H1N1)"[129]に切り替わっている。なお、WHO には「混乱を招く」として呼称切り替えに消極的な向きもあったとされ[119]また、国際獣疫事務局は当初から発生地(北米)にちなむ呼称を提唱した[119]。WHOが英語呼称を切り替えた4月30日には、両機関とFAO(国連食料農業機関)を合わせた三機関が、豚肉の安全性に関する共同声明を出している[130]。, 日本政府は、2009年4月28日から「新型インフルエンザ」と呼び始めた[18][118][注 3]。, アメリカは2009年4月29日から、農家の生活を守るために亜型名H1N1による呼称に切り替えた[119]。, カナダ公衆衛生庁のサイトでは2009年5月4日現在、亜型名H1N1による呼称のほかに「ヒトの」を意味する言葉を「豚インフルエンザ」に添えた呼称(英語"Human Swine Flu"[132]; フランス語"grippe porcine chez l'être humain"[133])も使用している。, 一方、WHOがによる呼称切り替え後も英語圏の報道において「豚の」を意味する"swine" はなお使用された[注 4]。, 日本の法律上の呼称"新型インフルエンザ"の"新型"について、日本の新聞社による英語表記を見ると2009年5月現在、読売新聞[139]と毎日新聞[140]が少なくとも"new type"と"new strain" を使用、"new strain"は朝日新聞[141]も使用している。, 中国語呼称も「猪流感」(「猪」は豚)[142]から「甲型H1N1流感」[143]へと切り替わり、中国のメディアでは5月1日に国営新華社通信が呼称変更を伝え、国営中国中央テレビは変更理由を「養豚場や飲食店などでの無用な混乱を避けるため」と報道した[144]。, 2010年1月には、ドイツの副議長で欧州評議会の保健委員会長のヴォルフガング・ワダルグ(英語版)が主張するには、大企業がワクチンを売るために「偽りのパンデミック」を宣言するよう、世界保健機関 (WHO) に圧力をかけるためのパニック・キャンペーンを画策してきた。政界最大の医学のスキャンダルの1つだと述べ、2009年5月にメキシコシティで始まったとされる「偽りのパンデミック」キャンペーンは、数百人程度の「通常」のインフルエンザ症例が報告され、これが新たなパンデミックの脅威だとされたが、その根拠は乏しかった[145]。, 3月には、欧州評議会は国際的な豚インフルエンザ・キャンペーンは製薬会社の影響を受けているとして調査を開始した[146]。4月、WHOのインフルエンザの責任者でもあるケイジ・フクダがパンデミック宣言を導いた体制が、H1N1についての混乱をもたらしたと述べ、その懸念を表明したがそれは、恐れるほどの致命性がないものだと判明したこの新しいウイルスに関する、不確実な部分について、情報伝達が失敗したということであり、陳馮富珍事務局長は、レビューを実施するために機関の外部の専門家を任命したことを伝えた[147]。, 6月、BMJのフィオナ・ゴッドリー(英語版)編集長は調査をもとにWHOを批判し、パンデミックに関するWHOの顧問に、抗ウイルス薬とワクチンを生産している製薬会社との間に金銭関係があるという調査があるとした[148]。これに対して陳馮富珍事務局長は「製薬業界の影響を受けているという印象を残してしまうだろうが、パンデミック宣言の決定は定義された基準に基づいたもので、この基準をねじまげるのは難しい」と応答している[147]。, この切り替え前、WHOは"swine Influenza A/H1N1(豚インフルエンザA/HINI) :4月24日, 通院するか否かのメドは、平均37.8度が基準となるが、発症の目安としては、単に発熱があればよい。つまり、37.7度以下ならば新型インフルエンザではない、ということではない, 新型インフルエンザA(H1N1)症例の調査に使用する症例定義の暫定的な手引き-改訂版, https://web.archive.org/web/20091028065723/http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091027k0000e040049000c.html, https://web.archive.org/web/20091128085438/www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20091125-OYT1T01107.htm, https://web.archive.org/web/20100212065625/http://mainichi.jp/select/today/news/20100209k0000e040023000c.html, Epidemiology of fatal cases associated with pandemic H1N1 influenza 2009, 呼びかけに答えない、けいれんが30分以上続く、意味不明の言動、意識の低下→すぐ病院へ, http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu091002-09, 妊婦もしくは褥婦に対しての新型インフルエンザ感染に対する対応?Q&A(医療従事者向け), H1N1 Influenza Center - From the Publishers of the New England Journal of Medicine, 53% of the 337 people killed by this virus was not a risk factor or disease basis, CDC Estimates of 2009 H1N1 Cases and Related Hospitalizations and Deaths from April 2009 - January 16, 2010, By Age Group, http://www.cdc.gov/ncidod/eid/vol12no01/05-0979.htm, Epidemiologic Characterization of the 1918 Influenza Pandemic Summer Wave in Copenhagen: Implications for Pandemic Control Strategies, Cross‐Protection between Successive Waves of the 1918?1919 Influenza Pandemic, ウイルス対策をうたったマスク-表示はどこまであてになるの?-(商品テスト結果)_国民生活センター, 日本におけるインフルエンザ A (H1N1) の新型インフルエンザによる入院患者数の概況(平成21年9月8日時点)|厚生労働省, Experts advise WHO on pandemic vaccine policies and strategies, A simple mathematical approach to deciding the dosage of vaccine against pandemic H1N1 influenza, WHO guidelines for pharmacological management of pandemic (H1N1) 2009 influenza and other influenza viruses, Clinical features of severe cases of pandemic influenza Pandemic (H1N1) 2009 briefing note 13, These findings strengthen previous WHO recommendations for early treatment with these drugs for patients who meet treatment criteria, even in the absence of a positive confirmatory test, The Universal Virus Database, version 4: Influenza A, ECDC Daily Update – Pandemic (H1N1) 2009 – 18 January 2010, European Centre for Disease Prevention and Control, WHO、2009年発生のパンデミックウイルスの名称を「A(H1N1)pdm09」と決定, “Simple Planning Tools Can Help in Early Days of Pandemic”, http://www.america.gov/st/washfile-english/2007/February/20070212130917lcnirellep0.3025629.html, “Swine flu death rate similar to seasonal flu: expert”, http://www.reuters.com/article/healthNews/idUSTRE58E6NZ20090916, Information on Swine Influenza/Variant Influenza Viruses, CDC estimate of global H1N1 pandemic deaths: 284,000, First Global Estimates of 2009 H1N1 Pandemic Mortality Released by CDC-Led Collaboration, H1N1 Swine Flu No Worse Than Seasonal Flu, http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/pandemic/topics/200904/510427.html, Influenza-like illness in the United States and Mexico, http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009042602000106.html, “豚インフルエンザに関する4月26日記者会見 [世界保健機関(WHO)マーガレット・チャン事務局長4月25日発言(仮訳)]”, http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/090426.html, 2009年新型インフルエンザウイルスA(H1N1)の流行とその対策についての一考察, http://www.kansensho.or.jp/guidelines/1208_teigen.html, “Neuraminidase inhibitors for preventing and treating influenza in healthy adults and children”, http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD008965.pub4/abstract, “Tamiflu & Relenza: how effective are they?”, http://www.cochrane.org/features/tamiflu-relenza-how-effective-are-they, http://www.cochrane.dk/research/corporatecrime/Corporate-crime-long-version.pdf, “Europe to Investigate WHO 'False Pandemic' Scandal”, http://www.thenewamerican.com/world-news/europe/item/8525-europe-to-investigate-who-false-pandemic-scandal, http://www.jiji.com/jc/zc?k=200904/2009042700881&rel=y&g=soc, http://mainichi.jp/select/science/news/20090430ddm007040080000c.html, 新型インフル対策で豚処分が裏目 エジプトでゴミ問題が深刻に (1/2ページ) - MSN産経ニュース, http://www.asahi.com/special/09015/TKY200904270266.html, Mexican child is first swine flu death in U.S, http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2598780/4100509, http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20090502-OYT1T00220.htm, http://www.asahi.com/special/09015/TKY200905020034.html, Officials Confirm Second U.S. Swine Flu Death, http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090508-OYT8T00263.htm, http://sankei.jp.msn.com/life/body/090508/bdy0905080950006-n1.htm, http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009050801000784.html, http://www.asahi.com/special/09015/TKY200905120152.html, http://www.asahi.com/international/reuters/RTR200905120120.html, http://www.asahi.com/special/09015/TKY200905120398.html, http://www.jiji.com/jc/zc?k=200905/2009052700390&rel=j&g=int, http://www.jiji.com/jc/zc?k=200905/2009052800076&rel=j&g=int, http://www.jiji.com/jc/zc?k=200905/2009052700835&rel=j&g=int, https://web.archive.org/web/20090614040351/http://sankei.jp.msn.com/life/body/090611/bdy0906112332005-n1.htm, World now at the start of 2009 influenza pandemic, http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090615-OYT1T00250.htm, http://mainichi.jp/select/science/news/20090616k0000m040155000c.html, http://mainichi.jp/select/world/news/20090630k0000e040010000c.html, http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/london/8136629.stm, http://mainichi.jp/select/science/news/20090715k0000e040049000c.html, http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/8083179.stm, 【新型インフルが本格流行】舛添厚労相が真夏のインフルエンザ流行入りを発表 : 薬事日報ウェブサイト, FAO - News Article: H1N1 flu in turkeys may spread, asahi.com(朝日新聞社):新型インフル、日本の入院・死亡率は低水準 WHO報告 - 社会, http://www.asahi.com/health/news/TKY201003310459.html, http://web.archive.org/20100609013139/www.asahi.com/national/update/0603/TKY201006030441.html, http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100810-OYT1T01033.htm, http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/248456/, OYT1T00964.htm “豚インフル→インフルA、養豚配慮して WHOが呼称変更”, http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20090501-, “W.H.O. 日本における2009年新型インフルエンザの感染は、2009年5月9日に成田空港での検疫でカナダの交流事業から帰国した高校生ら3人において初めて確認された[3- 1]。 5月16日には国内で初めての感染が確認され[3- 2]、その後兵庫県や大阪府の高校生を中心に急速に感染が拡大した。, 当初は感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第7項の「新型インフルエンザ等感染症」の一つに該当すると見なされ、感染者は強制入院の対象となったが、2009年6月19日に厚生労働省がこの方針を変更し、季節性インフルエンザとほぼ同様の扱いとなっている[2- 1]。また、同年7月24日からは感染者数の全数把握を中止し、クラスターサーベイランスに移行した[2- 2]。, 2010年1月3日には、日本では203人が新型インフルエンザにより死亡としたと発表されている [3- 3]。 これらの死者は、気管支喘息や糖尿病などの基礎疾患(持病)を持っている者が多かった。しかし、死因が新型インフルエンザと確定しきれない例なども含まれている。, H1N1亜型は猛威を振るうことはなく、大量に蓄えられたオセルタミビル(タミフル)は不発に終わった。, 2004年1月の山口県の養鶏場において、日本では79年ぶりにH5N1型の高病原性鳥インフルエンザが流行し、多くの鳥が死んでいる映像が報道され、行政によって大量処分がなされ大々的に注目されるようになり、2005年2月大分県で、続いて京都府で確認された。, また大韓民国・中華人民共和国・東南アジアで、鳥インフルエンザの流行が報道され、翌2006年から2008年でもH5N2型も含め日本の養鶏場から、また2008年4月には、十和田湖とサロマ湖で死んでいた白鳥からも、鳥インフルエンザウイルスが発見され、人間には感染しにくいが、インフルエンザウイルスは変異しやすいため、種を超えて数千万人の死者を出した1918年のスペインかぜのようなインフルエンザのパンデミックを引き起こしかねない、抗体をもつワクチンの製造には、6か月かかるため接種の優先順位を定め、国家レベルで重症化を防ぐために抗ウイルス薬のノイラミニダーゼ阻害薬(タミフルなど)を備蓄すべきだ、日本は対策が遅れていると、そのように世論が煽られていたさなかにあった[1]。, 本来、H5N1の鳥インフルエンザの予測と対策で論じられてきた脅威であったが[2]、そのようなさなかに、H1N1亜型の新型インフルエンザ(豚インフルエンザが由来)のパンデミック宣言が2009年6月に世界保健機関からなされ、かつ死者は少ないことを喚起し、ほとんどが軽症で処置がなくても快復するものであり、致命的な症例の急激な拡大の性質がないものであった[3]。, 世界で新型インフルエンザの感染が報告されてから1か月、5月25日には、テレビ朝日のゴールデンタイムの報道番組「報道発ドキュメンタリ宣言」では、「緊急特集 感染拡大 WHO女性監視官は見た」[4]として、WHO感染症監視対策チームの中村理子に関西での感染調査を依頼してそれを報道した。番組では、WHO新型インフル対策改訂メンバーの賀来満男は、今回の新型インフルエンザは病原性が低いため外出を控えることはないこと、まずタミフルで重症化を防ぐことが大切とコメントした。, 大量に蓄えられた処方箋医薬品は不発に終わった。世界でも、欧州評議会は、国際的な豚インフルエンザ・キャンペーンは製薬会社の影響を受けているとして調査を開始[5]。『BMJ』(英国医師会雑誌)もタミフル・キャンペーンとしてサイトを立ち上げ[6]、備蓄に値するほどの有効性があるのか、調査を開始した。, 日本でも同様に不発であり、参議院議員の山谷えり子も、インフルエンザワクチン確保の決定は正しくなかったと述べた。, 厚生労働省は、重症化や死亡した例などを除いて、新型インフルエンザかどうかを調べるPCR(遺伝子)検査を当分の間行わなくてよいとしたため、現在の国内の正確な感染者数は不明である。国立感染症研究所が発表した、全国約5000カ所の定点医療機関での2009年11月18日現在の都道府県ごとに簡易検査でインフルエンザA型と診断された人数と、これら1医療機関あたりの人数を下の表に掲げる。また、この表には、2009年11月21日までの新型インフルエンザによる死者数(疑い含む)も含ませてある。, もちろん、全国の感染者数はずっと多く、2009年11月9日~11月15日に全国でインフルエンザに新たに感染した患者が推計で164万人、累計の患者数も902万人に上ることが2009年11月20日に国立感染症研究所から発表された [3- 4]。, しかし、この新型インフルエンザは誰もが感染する可能性があり、予期せぬ重症化や死亡も小児を中心に多数報告されている。また、ウイルスの変異による強毒化などの可能性もあるため、引き続き警戒が必要である。, 2009年4月27日-6月18日:発熱相談センターへ相談の後、発熱外来を受診・検査, 6月19日以降は、通院前に電話で受診時間などを確認[5- 5]することを前提に、全診療機関で受診。, 医師・看護師・救急関係者・保健所など関係者の献身的な努力により、日本は世界でもまれな著しい死亡率の低さを記録[6- 1]。, http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0058/18004170058007a.html, http://sankei.jp.msn.com/life/body/090506/bdy0905060132002-n1.htm, http://sankei.jp.msn.com/life/body/090506/bdy0905061501008-n1.htm, http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090508-OYT8T00263.htm, http://sankei.jp.msn.com/life/body/090508/bdy0905080950006-n1.htm, http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009050801000784.html, http://www.asahi.com/health/news/TKY201003310459.html, http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20090430AS1G3004N30042009.html, http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090430AT1G3005O30042009.html, http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090501AT1G0102O01052009.html, http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu091002-09, 2009年新型インフルエンザウイルスA(H1N1)の流行とその対策についての一考察, WHO Director-General's letter to BMJ editors, The handling of the H1N1 pandemic: more transparency needed, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本における2009年新型インフルエンザ&oldid=80000506, 発症前に抗インフルエンザ薬を投与すべきでない。予防投与による薬剤耐性ウイルス出現が懸念されている。発症前の診断は困難, 日本政府は日本時間28日、フェーズ4を受けて「新型インフルエンザの発生」を宣言し、, 発信者を国立感染症研究所と詐称し「ブタインフルエンザに関する知識」などと題するファイルを添付した不審メールが出回っているとして、, ロサンゼルス空港発で成田空港に到着した旅客機内で検疫所が行った簡易検査で、日本人女性がA型インフルエンザ陽性と出るが、同日のウイルス検査で, 舛添厚生労働大臣が7日の衆議院予算委員会で、新型インフルエンザ対策に関し、「毒性の高い鳥インフルエンザを想定したもので、経済活動、学校に問題があれば緩和する」, 北九州市教育委員会は、新型インフルエンザが蔓延している国や地域から帰国した児童・生徒に、潜伏期間を考慮して、症状の有無にかかわらず帰国翌日から10日間出席を停止させると発表, 前日、感染が確認された3人の濃厚接触者として、成田空港に留め置かれていた大阪の男子高校生1人が新たに新型インフルエンザに感染していることが確認された。この男子高校生は、前日に感染が確認された3人とカナダで共に行動することが多かったという, 16日に感染が確認された神戸、兵庫高校の生徒8人の「濃厚接触者」として161人がリストアップされ、自宅待機要請や健康状態の確認などがされた, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった4人を含め、2府県で累計96人になった, 厚生労働省は、大阪府や兵庫県に全中学、高校の臨時休校を要請した。これを受け、大阪府内では公立の全中高で、兵庫県内では公立の全小中高で、それぞれ臨時休校措置がとられた, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった4人を含め、2府県で累計163人になった, 厚生労働省は19日、新型インフルエンザ患者の「濃厚接触者」が18日時点で約2900人に上っていることを明らかにした, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった4人を含め、2府県で累計193人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった4人を含め、5都府県で累計236人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった4人を含め、6都府県で累計292人になった, 日本国政府は麻生首相と全閣僚による「新型インフルエンザ対策本部」の会合を開いた。この中で、新型インフルエンザが弱毒性であることを踏まえた新たな「基本的対処方針」を決定し、今後の対策を感染拡大の防止と糖尿病などの持病があり重篤化する恐れのある人の感染防止・治療に集中するとした, また、厚生労働省別途「運用方針」を定め、「患者が少数で感染拡大防止に努めるべき地域」と「急速な患者数の増加が見られ重症化の防止に重点を置くべき地域」の二つに分類した。大阪府や兵庫県のような「急速な患者数の増加が見られ重症化の防止に重点を置くべき地域」に分類された地域では、一般の医療機関での診療や自宅療養を認めるなどをした, このほか、水際対策も大幅に縮小され、メキシコ、米本土、カナダからの旅客便の一律の機内検疫は終了した。また、患者の周辺にいた旅客の停留措置も行わないこととした, この日昼までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった5人を含め、7都府県で累計302人になった, 厚生労働省は、神戸市で初めて新型インフルエンザの国内感染が確認されて以来1週間の患者数の推移を公表し、「ここ数日は新規の発症者が減ってきた」との見方を明らかにした, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった6人を含め、7都府県で累計343人になった, この日休校措置が解除された兵庫県と大阪府で、小、中、高校や幼稚園、特別支援学校の約4700校で授業が再開された, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった6人を含め、8都府県で累計348人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、9都府県で累計353人になった, この日昼までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、10都府県で累計361人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、10都府県で累計367人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、10都府県で累計370人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、11都府県で累計377人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、13都府県で累計379人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、14都府県で累計382人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、16都府県で累計393人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、16都府県で累計406人になった, この日昼までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、16都府県で累計410人になった, 厚生労働省は、年内に2000万人分の新型インフルエンザ用ワクチンを製造する方針を固めた, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、16都府県で累計414人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、16都府県で累計420人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった8人を含め、16都府県で累計457人になった, 厚生労働省は、新型インフルエンザ用ワクチンを7月中旬に製造し始めると、年末までに約2500万人分を確保できるとの試算を明らかにした。前回打ち出した方針より500万人分の上方修正をした, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった10人を含め、18都府県で累計485人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった10人を含め、20都府県で累計518人になった, この日昼までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった10人を含め、22都道府県で累計532人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった10人を含め、22都道府県で累計571人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった10人を含め、23都道府県で累計593人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった10人を含め、25都道府県で累計636人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった10人を含め、30都道府県で累計661人になった, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、30都道府県で累計666人になった, 厚生労働省は、秋以降に大流行が懸念される新型インフルエンザについて、国内対応を見直し、患者は原則入院せずに自宅療養とする方針を固めた, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、31都道府県で累計689人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、33都道府県で累計774人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、33都道府県で累計818人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、35都道府県で累計852人になった, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、36都道府県で累計944人になった, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、38都道府県で累計1003人になった, 観光立国担当相を兼務する金子国土交通相は、観光業で風評被害が広がっていることを受け、閣議後の記者会見で、「新型インフルエンザを理由に国内旅行を控える必要はありません」と述べた, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、38都道府県で累計1048人になった, 厚生労働省は、新型インフルエンザの患者全員について報告を求めるのを7月中旬に中止することを明らかにした。その後は抜き出し調査に変更し、, この日までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった11人を含め、41都道府県で累計1216人になった, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった15人を含め、43都道府県で累計1281人になった, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった15人を含め、44都道府県で累計1351人になった, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった15人を含め、44都道府県で累計1443人になった, 厚生労働省は、想定より製造効率が悪いことが判明したため、年内に製造できる新型インフルエンザ用のワクチン量を、2500万人分を製造するというこれまでの試算より約1000万人分下方修正し、1400万~1700万人分になるとの見通しを発表した, この日午前11時までに国内で確認された患者数は、成田空港での検疫で見つかった15人を含め、44都道府県で累計1517人になった, 国立感染症研究所によると、10月26日~11月1日に全国で新型インフルエンザに新たに感染した患者は推計で154万人、累計の患者数も585万人に上ることがわかった, 厚生労働省が新型インフルエンザの最初の流行が沈静化したとの見解を表明、第一波の終息を宣言.

Frp オーダーメイド 浴槽, 皿うどん ちゃんぽん カロリー, 山下智久 映画 2020, 大塚芳忠 バンキシャ, 三公社民営化 政経, ツイッター 知らない人 フォローしてる, 最適解 類語, 絡ま ない の に フォロー, 美食探偵 漫画 最終話, 藤田 まこと, Safari Twitter 開かない, 缶コーヒー 肝臓, 半分、青い。 親友, 欠点 類義語, イラスト アニメ, 鬼滅の刃 ムビチケ 特典, プーさん 中身, クスノキ アレルギー, 2020 インフルエンザ 特徴, 3年a組 キンプリ, Google障害 2020, Vba 重複チェック 別シート, アントニー ドロン, エヴァ 破 怖い, 炭治郎 カナヲ 子孫, JQuery ScrollTop, Crエヴァンゲリオン 決戦, 三浦 春 馬 映画ランキング, パズドラ 使徒, 納得いただく 類語, 蘭 姉ちゃん 服 ダサい, まつぼっくり 公園 埼玉, 鬼滅の刃 東京限定, 微生物 大きさ 覚え方,